狙い目の業界を見定めよう

将来的に、働きやすい職場を自分で選択できるようにしたいと考える女性は、業界別の転職傾向について知っておくことが大切です。
業界別に考える必要があるのは、中途採用の実施には業界ごとに大きな傾向の違いがあるからです。先に働きたい業界を選んでしまうと、中途採用では入職が難しいという状況に陥ってしまうことがよくあります。
業界の人材が不足している状況にあったり、若手女性を求めている業界であったりすれば、採用してくれる企業を見つけやすいでしょう。

女性にとって人気が高い業界である、アパレル、保険、美容といった業界は競争が激しく、なかなか入れないのが実情です。しかし、いずれも即戦力となる人材であれば常に中途採用で探している状況のため、能力があると認められれば採用してもらえる可能性は十分にあります。
最初からその業界で働いて、確かな実務経験を積んでおいたり、関連する資格を取得したりして、競争力を身につけておくことが重要です。

一方、女性が働く業界の中には、競争率が比較的低くて転職しやすい業界もあります。典型的なのは、医療業界と介護業界です。看護師資格を持っていれば、職場に困ることは無いという状況が続いています。看護師に限らず、医療や介護の資格を有していれば、職場を選べる程に求人が充実しています。人員を確保するために、教育制度やスキルアップ支援などの福利厚生が充実した施設も多いです。
仕事を確実に獲得でき、キャリアアップが望めるという観点から、看護師は転職に有利な職業として注目すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です